1つだけじゃない?税理士の資格を取る方法

税理士資格を取得するための道

税理士になるメリットとは

ここでは税理士になるための条件、そして税理士資格を取得するための税理士試験の科目説明をいたします。 税理士になるための条件といたしましては公認会計士もしくは弁護士の資格を持っているかどうかということが挙げられます。その他の場合には税理士試験を受けて税理士資格を取得する必要があります。 もっと読む

税理士になるためには

税理士資格を取得するためには試験を受けなければいけません。しかし、試験にはいくつかの方法が存在いたします。
ここでは税理士資格を取得するための試験方法や試験を受けるための条件など詳しくご説明をいたします。

はじめに税理士免許の取得にあたってのメリットについてご説明いたします。
税理士免許を取得し税理士になられた際には収入が高収入になるというメリットがまずは挙げられます。税理士の収入は一般的な平均年収を超す収入となります。次に独立をし開業をすることができるというメリットが挙げられます。税理士の中でも多くの方は独立をし開業されております。独立開業の魅力といたしましては仕事にて得たお金を全て自由な使用用途で使うことができるということです。また仕事内容に関しましてもご自身の思うように仕事を進めていくことができます。
次に定年という概念が存在しないというメリットが挙げられます。税理士には定年がないため年齢を気にせず体力の続く限り働くことができます。企業に勤めた場合、定年が決められているため定年の歳になった場合には退職をしなければなりません。しかし、税理士には定年制度がないため年齢を気にせず頑張ることができます。最後に学歴を気にしなくても良いというメリットが挙げられます。一般企業の中には高学歴の人の方が出世に有利などという場合もありますが税理士の場合は資格を持っているかどうかになるため資格を取得することができればその後はご自身の努力と実績より評価は変わってまいります。

以上のようなメリットを税理士資格の取得により得ることができます。

それぞれの条件についての説明

税理士試験は受けたい人は誰でも受けられるという訳ではありません。受験資格を得るためには条件をクリアする必要がございます。条件をクリアしなければ受験資格を得ることができないため試験を受けることができません。 ここでは税理士試験の受験資格を得るための条件についてご説明いたします。 もっと読む

資格取得方法

税理士試験は全ての方が全科目の受験をしなければならないというわけではございません。 税理士資格の取得にあたっては全科目の試験を受けて資格取得をする方法、試験が全て免除されて資格取得をする方法、一部試験が免除されて資格取得をする方法の3つの方法によって資格を取得することができます。 もっと読む