1つだけじゃない?税理士の資格を取る方法

税理士になるメリットとは

税理士になるための条件

税理士になるためには条件があり、条件を1つでも満たされていた場合には税理士となることができます。ここでは税理士になるための条件についてご説明いたします。

まず条件といたしまして税理士試験に合格をしているかどうかということが挙げられます。税理士の資格を取得するためには試験を受けなければなりません。この試験に合格された方は税理士になることができます。次に試験免除の対象となられた方であるかどうかということが挙げられます。
試験を合格された方、試験免除の対象の方は税理士となることができますが2年以上の期間を会計や租税に関する事務にて働いているということも条件となります。

次に公認会計士や弁護士の方は税理士となることができます。税理士になるための条件といたしましては公認会計士の資格を所持されている方、弁護士の資格を所持されている方は税理士なることが可能です。

税理士試験の科目

税理士になるためには税理士試験を受験し、試験に合格したのち税理士資格を得るという方法になります。
ここでは税理士試験の科目についてご説明をいたします。

税理士試験ではまず必須科目が存在いたします。必須科目は簿記論と財務諸表論となります。この2科目をまずは合格しなければなりません。
次に選択必須科目が存在いたします。選択必須科目は所得税法と法人税法となります。選択必須科目ではこの2科目のうち1科目を合格しなければなりません。
最後に選択科目があります。選択科目は消費税法、酒税法、相続税法、国税徴収法、国定資産税、住民税、事業税となります。この7科目のうち3科目を合格しなければなりません。

それぞれの科目を合格することより税理士資格を取得することができます。


この記事をシェアする