1つだけじゃない?税理士の資格を取る方法

それぞれの条件についての説明

学識条件

次に税理士試験を受けるための受験資格についてご説明いたします。
税理士試験は受けたいと思った方は誰でも受けることができるというわけではありません。定められた条件をクリアしておられる方のみ受験が可能となります。

受験資格は学識条件、資格条件、職歴条件、認定条件に分けられます。また受験にあたっては証明書類の提出が必要となりますので書類の準備をしておくようにしましょう。

まず学識条件についてご説明いたします。学識条件では司法試験に合格をされている方、大学3年以上の学生で法律学もしくは経済学に属する科目を含めた62単位以上の取得をされている方、大学・短大・高等専門学校を卒業し法律学もしくは経済学に属した教科を1科目以上、履修をされた方などが条件となっております。

資格条件、職歴条件、認定条件

ここでは資格条件についてご説明をいたします。
資格条件では日本商工会業所主催の簿記検定試験にて1級を合格された方、会計士補である方もしくは会計士補になることができる資格を所持されている方などといったような条件が挙げられます。

続いて職歴条件についてご説明いたします。
職歴条件では弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動鑑定士として仕事をされた方、行政機関の会計検査などに関する事務の仕事をされた方などが対象となります。この他にも職歴条件ではいくつかの対象となる職業があります。また職歴条件では対象となる職業の事務や業務を2年以上行っているということが併せて条件となります。

最後に認定条件についてご説明いたします。
認定条件では国税審議会にて受験資格があると個別に認定を受けた方が受験資格を得ることができます。

詳しい受験資格については試験機関のホームページなどにて確認をするようにしましょう。


この記事をシェアする